彼に振られちゃた私を慰めてください

彼に振られちゃいました。
「気持ちも悲しいけれど体はもっと悲しくてこのモヤモヤをどうにかしたい」と落ち込んでいたときにテレセしちゃいました。
電話にでた男性にまず、自分が彼に振られたことを告白し慰めてと頼みました。
電話に出てくれた男性は、「テレセだけど目を閉じて、大丈夫痛くしないよ、大きく脚を広げて君の可愛いもう一つの口を僕に見せて、ラブジュースが溢れてくるように僕の舌を君の中に入れるよ、今度は指ね、中指と人差し指をそろえて君の可愛いあそこに這わせるよ、ほら、ドンドン溢れてくるよ、ピンク色した乳首に僕の唇、感じるでしょう、乳首を舌の先で刺激するからね、僕の舌は、また、君の大事なところにきているからね」と一生懸命テレセをしてくれました。
お陰で体の方は何とか慰められましたが、すぐにまた、寂しさが蘇ってきます。
この前の男性にもう一度テレセで会いたいと何度も電話をしました。
なかなか会うことはできませんでしたが、やっとまた、会うことができたのです。
その日もテレセで慰めてまらいました。
実際に会いたいとは自分からはいえないので、だらだら電話を切らずに話していると男性が、「どこに住んでるのか、聞いていい?」とやっといってくれました。
少し遠かったのですが、男性が近くまで来てくれることになりました。
待ち合わせの場所で私をギュと抱き寄せてくれました。
抱き寄せてくれたまま歩き出し公園のベンチでしばらくお話をしてホテルに入りました。
耳元で男性がいってくれたことを男性がホテルでしてくれました。

主人とはもう何年もセックスレス、リアルな不倫はできないので気持ちだけ

主人とはもう何年もセックスをしていません。
二人目の子供を産んだとき「女じゃなく母親みたいな存在になって・・抱けない・」といわれました。
ショックでした。
私は30代です。
このムラムラをどこで発散したらいいのか、体が泣いています。
都内へ買い物に出たときポケットテシュを手渡されました。
小さなチラシが入っていました。
ドキドキしました。
子供も主人も家にはいません。
電話の前でどのくらいの時間、悩んだでしょうか。
「電話だけなんだし」自分に言い聞かせて受話器をとりました。
男性の声が受話器から聞こえてきました。
「今、どんな気持ち、ドキドキしてる、それとも、声が変、はずれかな、なんて思ってる、まあ、いいや、お話ししましょ。
」と立て続けにいわれチョット声を出すことができませんでした。
「もしもーし、ヒョッとして、初めてだったかな、ごめんね、どうしてる、今」と声がします。
「電話、切らないでね」という声にやっとの思いで「はい、初めて掛けてみました」といいました。
主人ともう何年もないことを話してしまいました。
そのことには触れず、さっきまでの口調とは別人のような話し方になり、「君は最高だよ、手を僕の首に回して、僕の手が君の首筋から、ほら今、君の腰に手が届いたよ、さあ、服を脱ぐよ」と続きます。
話は更に続き電話の会話の中で何年ぶりかの絶頂を味わいました。
テレセが癖になり電話代が普通ではなくなっています。
時々、実際に「会いましょうよ」と誘われ、今、「誰かと会ってみようかな」と思っています。